あなたに最適な起業時期はいつ?

独立起業時期は色々な意味で大切

手続きのタイミング

事業を始めてすぐにはひとまず置いておきがちですが、やはり必要な知識や作業として税金に関するものがあります。
個人事業主として起業する場合は、所得税や個人事業税などを収める必要があります。
いずれも年度末の確定申告にできますので、起業する時期にはあまり影響がないかもしれません。
法人として起業する場合、法人税や法人事業税がかかります。
お金のことというよりは、決算や申告に関する作業について、一般的な繁忙期をずらすことで、気持ちも時間も余裕が出てきます。
税の仕組みを理解すること、または事業の規模など、いろいろなケースで判断が分かれますので、そうした知識や手続きの準備も必要になります。
相談できるのであれば、税理士などに聞いてみて、起業時期を探すのも一つです。

創業補助金

会社を作る時に、国や自治体が助けてくれる創業補助金は、何度もその名称を変えていますが、金銭面で助けてくれることに変わりはありません。
新しい企業が生まれることで経済が活性化されること、雇用が生まれることなど、国や自治体にとっても良い影響があるためです。
当然の事ですが、事業の内容や条件などで申請できるか、審査に通るかは違ってきます。
窓口は中小企業庁、または起業を考えている地域の自治体になりますので、こまめにチェックしてみましょう。
利用したい場合、注意したいのは、会社の設立時期です。
申請はいつでもできるわけではなく、期間中にすでに設立している場合は、対象外になることもあるようです。
ちょっと気を付ければ支援が受けられたのに、という事態は避けたいですね。